ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

チーズとワインの相性を知る!

ワインと合わせるものと言えば、真っ先に思い浮かぶのは
「チーズ」ではないでしょうか。
今日は、チーズとワインの相性のよい組み合わせをご紹介します。

世界中のチーズは、7つに分類される

チーズは、原料や熟成方法などの違いにより
全部で7つのタイプに分類されています。

チーズの個性により、相性のよいワインも変わってきます。
参考にしてみてください!

フレッシュチーズ

熟成させていない、フレッシュな味わいのチーズ。
生乳に酵素や乳酸菌を加え、固めて水分を抜くだけで作れます。
クセがないので、そのままはもちろん料理やお菓子に使われることも多いです。

★代表的なフレッシュチーズ
イタリアのモッツァレラ、リコッタ、マスカルポーネなど

★相性のよいけワイン
軽くフルーティーな辛口白やロゼ、シャンパンなど

白カビチーズ

白カビの力を借りて熟成させた、表面がふわふわの白カビに覆われたチーズ。
外は固めで、中はもっちりとろりとした食感と
クリーミーでまろやかな味が特徴です。

★代表的な白カビチーズ
フランスのカマンベール、ブリーなど

★相性のよいワイン
軽い赤ワイン、上質の赤ワイン、上質の辛口白など

青カビチーズ

青カビの力を借りて熟成させたチーズで、青カビをチーズ内部に混ぜ込むため
表面が大理石のような模様になります。
塩分が高く、濃厚な風味が特徴。
個性的でクセが強いので、好き嫌いが分かれるチーズです。

★代表的な青カビチーズ
フランスのロックフォール、イギリスのスティルトン、イタリアのゴルゴンゾーラなど

★相性のよいワイン
上質で力強い赤ワインや、極甘口のワインなど

ウォッシュチーズ

チーズ表面の特殊な微生物によって熟成させます。微生物のコントロールのため
数日後に表面を塩水やお酒で洗うことからその名がつきました。
匂いは強いですが、中身はマイルドでクリーミーです。

★代表的なウォッシュチーズ
フランスのボン・レヴェック、マンステール、エポワス、リヴァロなど

★相性のよいワイン
上質の赤ワイン、辛口白など。

シェーブルチーズ

ほとんどのチーズは牛乳が原料ですが
シェーブルは山羊の乳を原料としたチーズ。
比較的酸味が強く、ぼそぼそとした食感が特徴です。

★代表的なシェーブルチーズ
フランスのサント・モール、クロタン・ド・シャヴィニョルなど

★相性のよいワイン
軽くフルーティーな辛口白、ロゼ、赤など

セミハードチーズ

製造公的の途中で圧搾を行い、水分を少しなくした固めのチーズ。
保存性が高く味が変わりにくく、クセがないので料理にも使いやすいです。

★代表的なセミハードチーズ
オランダのゴーダ、スイスのエメンタール、デンマークのマリボー、サムソーなど

★相性のよいワイン
軽いものから上質で力強いものまで、幅広いワインと合います。

ハードチーズ

セミハードよりもさらに強い圧搾や加熱を行い、
水分を少なくしたチーズ。
熟成期間が長く、熟成させるほどにどんどん変わっていく味わいを楽しめます。

★代表的なハードチーズ
フランスのコンテやミモレット、スイスのグリュイエール、イタリアのパルミジャーノなど

★相性のよいワイン
セミハードと同じく、軽いものから上質で力強いものまで、幅広いワインと合います。

まとめ

いかがだったでしょうか。
チーズはワインと同じぐらい歴史の古い食べもので、
ワインとチーズは切っても切り離せない最高の組み合わせです。
単体で十分おいしいワインも、チーズとマリアージュすることで、
新たなおいしさに出会えるはずです。

最近おすすめのチーズといえば、フレッシュチーズの一種の「ブラータ」。
ブラータとは、モッツァレラを薄く伸ばして袋状にし、
その中にたっぷりの生クリームとパスタ状に刻んだモッツァレラが詰まった高級チーズです。

さっぱりしていながらコクもあるので、
スパークリングから軽めの赤ワインまで幅広く楽しめます。
はちみつをかけてデザートのように楽しんでも。
お店で見かけることも増えたので、ぜひ試してみてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top