ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの歴史

ここでは、ワインの歴史についてご紹介したいと思います。

ワインの始まり

現在ワインは多くの種類があり、多くの人に楽しまれているワインですが、ワインの歴史はとても古く、歴史的価値があり、歴史を感じることのできるお酒です。今からはるか昔、人類誕生の300万年前から葡萄の木は自生しておりその果実が地面に落下、その実が熟し天然の酵母により、糖分がアルコールに発酵する、このことがワインの原点であり、人類がワイン発見の起源だと考えられています。

ワイン文化

人類の歴史の中では、紀元前8000年(約1万年前)のころから、現在グルジアである、コーカサス山脈の南麓周辺で飲まれたと考えられています。これは、現在で最も古いとされていて、メソポタミア文明より前からワインは飲まれていることになります。また、歴史的に最も古い醸造所がアルメニアで発見されています。この醸造所は約6000年前にあったとされ、そこからはワイン製法に使う、足踏み式のワイン用ブドウ圧搾機や、発酵及び貯蔵用の槽が発見されており、そのころから、高度な技術が確立されていたと考えられます。

↑世界最古のワイン醸造所
以後、メソポタミアを中心に、”ワイン文化”が、中東に広まったとされている。ただし、メソポタミアでは、葡萄栽培に適しておらず、水で薄めたり、はちみつと混ぜて飲んだと記録もあります。現在では、ワインはヨーロッパ(西洋)で親しまれているという印象が強いと思いますが、このことにより、中東から広まったことになります。その後、紀元前4000年末(約6000年前)には古代エジプトにも広まり、エジプト文明では、ビールを日常消費用、ワインを高級品として飲み分けていたという記録がのこっています。

ワインはヨーロッパへ

ワインをヨーロッパ(西洋)に”ワイン文化”が根付いたのは紀元前600年頃と歴史的には最近で、要因としては、現在のレバノン近辺を拠点としていました。フェニキア人の生産していたワインが、ヨーロッパに広まったと言えます。フェニキア人の”ワイン文化”への貢献はとても大きく、1「ワインの輸出」2「ワインの普及」3「ヴィティス・ヴィ二フェラ種の葡萄の普及」この3点はワイン文化への大きな影響を与えました。

1「ワインの輸出」:最初のワイン商人として、松ヤニのシールをオリーブオイルでコーティングしワインを酸化から守る発明をしました。

2「ワインの普及」:フェニキア人は葡萄の為に最高に恵まれた気候と地形によって、ヴィンヤード(ブドウ園)を形成する事さえも可能であったとされています。

3「ヴィティス・ヴィ二フェラ種の葡萄の普及」:ヴィティス・ヴィ二フェラ種はワイン用のブドウで、フェニキア人の紹介により広まったとされています。

ワインは現代へ

16世紀の大航海時代を機に、ワインはヨーロッパから、全世界へと広がりました。世界中で栽培されるようになった葡萄ですが、地域性が強いため、他国のブドウを自国に植樹しても同様の実をつけるとは限らず、国の特色がでるのがワインだと言えます。また、前述にあるヴィティス・ヴィ二フェラ種が現在栽培されている葡萄の約90%使用されています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top