ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

初心者からワインラヴァーまで!自分好みのワインセラーの選び方

コンビニやスーパー、最近ではamazonでも取り扱われるなど、より身近になってきたワイン。
少しずつ認知されてきましたが、ワインは温度変化や光、振動などに影響を受けやすいデリケートなお酒です。
真夏に常温で置かれていたワインは残念ながら劣化し、本来の味わいから変化してしまいますし、直射日光のあたる場所も避けるのがベターです。
せっかく購入したり、いただいたワイン、しっかり保管して美味しくいただきたいものですね。

そこで、ワインセラーが欲しくなるところですが、検索すると様々なセラーがあり、値段もまちまちです。
ここでは、ワイン初心者からワインラヴァーの方まで、ご自分の目的に合わせたワインセラーの選び方を、ポイントを押さえて見ていきましょう。

自分好みのワインセラーを選ぶポイント

ご自分に合ったセラーを見つけるために、まず以下の項目を一つずつチェックしていきましょう。

[ストックしたい本数]
数本で良いのか、数十本なのか、それ以上か。
少し余裕がある方が冷却機能も発揮できるので、ご自分のストックしたい本数より大きめのものが安心です。

[予算]
小さなもので1〜2万円代から、プロも使用する200本前後入るものが50〜60万円くらい、高額なものは100万円代と価格に幅があります。
用途に合わせた性能のもので、コストとのバランスを見ましょう。

[サイズ]
設置予定場所を検討し、設置可能なサイズを割り出しましょう。
セラーの型によっては、熱がこもらないように背面、上部、側面などにスペースを空ける必要があるので、購入前にメーカーページなどで詳しく見ておきましょう。
また故障を避けるため、セラーを斜めや横向きに寝かせたりせず設置場所まで立てたまま運べる経路も確保しておきましょう。扉や階段など一番狭くなっているところを通すことができるか、測って確認が必要です。

[用途]
デイリーワインのストックを短期間でどんどん消費していくのか、高級ワインを長期保管して熟成させたいのか、それによっても必要な性能が変わってきます。短期保管だけでしたら、熱や光から守ってくれる最低限の機能でも事足ります。
しかし、長期熟成させたい場合は、気温に左右されず庫内温度を一定に保つ冷却力、庫内湿度を保つ保湿力も必要となってきます。
また、できれば振動も少ない方がよいのですが、冷却力が高いコンプレッサー式ですと振動も大きくなりやすいので、メーカー各社いかにワインに振動が伝わりにくくするか工夫されています。

[音の静かさ]
寝室やリビングなど設置場所によっては、音の大きさが気になる場合もあると思います。冷却力は劣りますが、ペルチェ式ですと比較的静かなものが多いです。また機種によって、工夫され音の小さなものもあるので、機能とのバランスをみて決めましょう。

その他、電気代やデザイン性など、それぞれのこだわりを鑑みながら、この機能はいらない、ここは譲れないなど、バランスの良い着地点を見つけてください。
つまり、10人いれば10通りのベストワインセラーがあるということです。
ここからはいくつかのパターンを想定して、それぞれおすすめのワインセラーを見ていきます。

ワイン初心者の方

ワインは年に数度かしか飲まない、また長期熟成もさせないのであれば、当面セラーは必要ないかもしれません。
ですが、贈り物でいただいたり、特別な日に自宅で飲みたい場合もあるかもしれません。
そんなときは、ワインを新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に入れておきます。光を遮り、急激な温度変化を避けるためです。
厳密には冷蔵庫の振動がワインに多少影響を与えますが、デイリーワインをご家庭ですぐに飲む場合にはさほど気にされなくても良いと思います。
ただし、ワインの保管に最適とは言えないので、1ヶ月程度を目処に飲むのがおすすめです。
セラーが無くて困ったときにはお試しください。

コスパの良いデイリーワイン用のセラー

ワインが好きで、セラーの用途としてはデイリーワインのストック用、長期保存はしない場合。
そして、コストを抑えたいなら、ペルチェ式のセラーがおすすめです。
半導体素子のペルチェ効果を利用して冷却する方式。小型化が可能なので、省スペース。
日頃飲むワインをストックして、どんどん消費していく、低コストでワイン用冷蔵庫と割り切って使用する分には問題ありません。
[メリット]
音が静か
振動が少ない
低コスト
[デメリット]
パワーが弱いため、気温の高い夏場などは庫内の温度が不安定になる場合も
電力はコンプレッサー式の方がかからない

ルフィエール LW-D32
収納本数 32本
冷却方式 ペルチェ方式
幅×奥行×高さ 410mm×525mm×810mm
温度設定 4~22℃【周囲温度-約15℃まで】

最大32本の容量ながら2万円代で購入できるかなりコストパフォーマンスの良いワインセラーです。
保湿機能などありませんが、短期保管であれば良いでしょう。ペルチェ式で音も小さめです。
ただし、温度設定が周囲温度のマイナス約15℃までなので、外気温が35℃の真夏ですと20℃程度になる可能性もありますね。これは実際試して見ないとわかりませんが、ワインの最適保管温度は11〜15℃程度と言われているので真夏は注意が必要です。

省スペースでスタイリッシュなセラー

少量のワインを短期保管するのみであれば、省スペース、かつスタイリッシュなセラーがおすすめです。

デバイスタイル CD7X
収納本数 7本
冷却方式 ペルチェ式
幅×奥行×高さ 150mm×535mm×825mm
庫内温度 9℃〜18℃(使用可能温度 10℃〜30℃)
横幅わずか15cmのスリムボディが魅力です。
ペルチェ式であり、かつ庫内が狭いので、外気温が高い時期の開け閉めには特にに注意が必要です。

生粋のワインラヴァーさん向けのセラー

とっておきのワインを何年も寝かせたい、かなりの量をストックしたい、そんなワインラヴァーさん。
長期熟成、そして大型のセラーには冷却力の高いコンプレッサー式がおすすめです。
冷蔵庫と同様に、冷媒の気化熱を利用して冷却します。冷媒の循環にコンプレッサーを利用し、省エネです。
[メリット]
パワーがあり、夏場もしっかり冷やせる
大型でも冷やせる冷却力がある
[デメリット]
音が大きい
振動が大きい
コストがかかる

ユーロカーブ レヴェラシオン
収納本数 182本
冷却方式 コンプレッサー式
幅×奥行×高さ 680mm×690mm×1825mm
庫内温度 5℃〜20℃(使用可能温度0℃〜30℃)

大容量でプロも信頼する安定のユーロカーブの最高グレードです。
「ソムリエの手引き出し棚」は棚ごと引き出すことができ、ワインを必要以上に動かすことなく、取り出すことができます。棚の入れ方で最大本数が変わってきますが、180本前後入れることができ、コンプレッサー式の中では音も静かな方です。
こちらは最高品質のシリーズで市場価格80万円代ですが、ユーロカーブのその他のシリーズではサイズ展開もあり、棚の数を減らすことでコストを下げられます。また、ガラス扉ではなく、標準の黒い扉にすることで、コストを下げ、より庫内温度も安定させることもできます。
サイズもかなり大きいものが多いので、購入前に設置や搬入に問題がないか確認が必要です。

まとめ

ワインセラー選びでは、ポイントを抑えて、数あるセラーの中からライフスタイルに合ったものをチョイスすることが大切です。
ご自分にとってベストなワインセラー選びの一助にしていただけると嬉しいです。
しっかり保管して美味しく飲む、楽しいワインライフを送ってくださいね。

Return Top