ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

スペインワイン

スペインワインからはじめよう!

ヨーロッパ系のワインは敷居が高いので、いつもニューワールド系のワイン。という方が多いようです。もちろん、ニューワールドワインは素晴らしいですし、近年では品質も上がり手に入りやすいのでおすすめです。 とはいえ、ヨーロッパワインでも気軽に高品質なワインが多く売られているので、億劫にならず探してみると良いでしょう。 さて、ヨーロッパワインでも比較的カジュアルな価格で高品質なワインを生み出す地域が、スペインです。何と、ぶどう栽培面積は世界最大であり、温暖な地域を活かした丸みのある豊潤なワインを多く製造しています。 トップカテゴリーである、DOCaはリオハとプリオラートだけであり、DOCワインは比較的カジュアルな価格で手に入るので、日常使いが可能でうす。そんな魅了たっぷりなワイン名産地、スペインをここでは簡単に紹介します。

スペインのワインの特徴

スペインは冒頭でも説明したように、リアスバイシャスという地域を覗けば、標高が高く温暖な地域です。 そのため、ブドウ栽培にはとても適しており、比較的高品質なワインが多く製造されています。リオハやプリオラート、リベラデルデュエロをはじめ、高級ワイン産地でもフランスのボルドーやブルゴーニュに比べれば価格はカジュアルです。ぜひ、一度は試して欲しいですね。

カバ

カバというスパークリングワインに聞き覚えがあると思います。日本のスーパーや輸入食品店などで安価に売られている、スパークリングワインですが、実はスペインのワインなんです。 1800年代後半に登場し、カタルーニャ州のペネデスで95%造られる、スペインが誇る伝統的なスパークリングワインですが、ポイントは瓶内二次発酵であるということです。 シャンパーニュをお手本としているだけでなく、マカベオやパレリャーダ、チャレッロがメイン品種でしたが、シャルドネやピノノワールも近年OKになりました。 シャンパーニュよりもカジュアルですし、手軽に本格的な味わいが手に入るのです。

シェリー

スペインが世界に誇るワインといえば、シェリーです。酒精強化ワインと呼ばれるこのワインは、アルコール度数を高めて樽熟成された濃厚でまろやかなワインです。 食前酒によく使われるのが、アルコール15%からのフィノですが、他にも数種類あります。17%からのオロロソ、フィノとオロロソの中間的存在のアモンティリャード、極甘口のペドロヒメネスにモスカレルなどさまざま。 20年熟成でVOSの表記、30年でVORSの表記とまさにスペインが力を入れる、自慢のワインです。

手軽に挑戦しよう!

ヨーロッパワインは敷居が高いイメージがありますが、手軽に手に入るレベルでも高品質です。ぜひ、日常的に慣れ親しんでワインライフをより楽しみましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top