ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの保存方法と上手な開け方

ワインを毎日、美味しくいただくためには保存方法に気をつけなくてはなりません。
同じワインでも保存の仕方によって味に影響が出てしまいます。
同じワインでも、せっかく飲むのですから美味しいワインを飲みたいですよね。
また、ワインの上手な開け方についても紹介します。

ワインの保存

ワインを保存する際にポイントとなるのが、「温度」、「乾燥」、「光」、「振動」、「匂い」になります。
「温度」は、温度差が比較的少ない場所に保存しましょう。
12℃〜14℃が理想とされています。

「乾燥」は、コルクが乾かないようにするためです。
70%〜80%程度が最適とされています。

「光」は、ワインが日光などに当たることで、変色や異臭が生じてしまい品質を損ねてしまう可能性があるからです。

「匂い」は、強い匂いのものと一緒にすることで、その匂いが移ってしまう可能性があります。

コルク栓の抜き方

ワインのキャップシールを外します。キャップシールに、ナイフで一周ぐるりと切れ目を入れ、ナイフの先で剥がします。
次に、コルク栓の中心に、ワインオープナーのスクリューを刺します。
スクリューが斜めに入ってしまうと抜きにくくなるため、コルク栓の中心に刺すのがポイントです。
ワインオープナーを回しながらスクリューを下まで入れます。下まで入れることで、
コルク栓が折れるのを防ぎます。
ゆっくりと回しながら力を加えることで上手くコルク栓を引き抜くことができます。

スクリューキャップの開け方

最近は、コルク栓ではなくスクリューキャップを使用したワインが増えています。
スクリューキャップは、ワインを長時間、密封することができます。
そのため、品質を保つことができます。
スクリューキャップには、ショートタイプとロングタイプがあります。
ショートタイプの開栓は難しくありませんが、ロングタイプを開栓するにはコツが必要です。
ロングタイプを開栓するコツは、キャップのミシン目より下を持ちます。
空いている手でボトルの下を持ちます。
キャップを持った手を固定することで、ボトルを時計周りに回します。
ミシン目が切れたらキャップを回して外します。
いかがでしたか?ワインの保存方法を知ることで、美味しいワインを常に飲むことができます。
「温度」、「乾燥」、「光」、「振動」、「匂い」に注意して保存してください。
また、ワインの開け方を学ぶことにより、手慣れた手つきでコルク栓やスクリューキャップを開栓することができます。
是非、これからの生活に取り入れてみてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top