ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

白ぶどう用のぶどう品種

白ワイン用のぶどう品種

ワインにはあまり馴れていないけれど、白ワインなら何となく好き。こんな方は多いと思います。日本酒が持つフルーティーな味わいを好む日本人ですので、ワインは白ワインから始めた方がとっつきやすい、と言われています。 日本の代表的な白ワインである甲州ワインの評価は世界的にも飛躍しており、日本のワイン文化もレベルを格段に上げてきています。 白ワインに関しては特に鋭敏な舌を持つ日本人だからこそ、白ワインに使われるさまざまな品種を覚えておくべきです。ここでは、白ワイン用の代表的な白ぶどう品種を紹介します。ぜひ、今後の参考になさってください。

シャルドネ

世界中で飲まれてる白ワインの多くは、このシャルドネと言っても過言ではありません。フランスのブルゴーニュ地方のシャブリが特に有名な産地ですが、チリやアメリカ、オーストラリアのシャルドネの品質も高く注目されています。冷涼な土地を好み、青リンゴやライムなど爽やかな柑橘系の香りが特徴です。

ソーヴィニョンブラン

フランスのボルドー地方が原産と言われてるのが、このソーヴィニョンブラン。柑橘系の香りにハーブを加えたような、独特のアロマが特徴です。 酸度がほど良く、果実味があるので熟成度合いによってもさまざまな表情を見せます。ボルドー地方では、セミヨンやミュスカデルなどとアサンブラージュされます。世界最高峰の貴腐ワインの品種のひとつとしてもとても有名です。

リースニング

白ワインが好きな方たちに特に人気が高い白ぶどう品種が、リースニングです。ドイツワインの主要品種でもあり、白い花やハチミツなどの甘く美しい香りが特徴です。酸味はそれほど強く無いものの、甘さも控えめで絶妙なバランスを実現しており数多くの人々を魅了し続けています。辛口のリースニングも魅力ですが、圧倒的に有名なのは熟成させた甘口の白ワインで、その味はまさにデザートワインの代表格と言えます。

シュナンブラン

フランスのローヌ地方、トゥレーヌやアンジュー・ソーミュール地区の主要品種として知られる白ぶどう品種です。 ハチミツと藁のような香りが特徴的です。比較的、冷涼な地域を好む品種ですので酸度も高くシャープな辛口が有名です。シュナンブランは長期熟成にも耐えうる白ぶどう品種ということもあり、極甘口などの高級白ワインの原料にもなる、まさに変幻自在の品種とも言えます。

まとめ

白ぶどうも、黒ぶどうと同様に品種によって個性が全く違います。辛口のシャープな高酸度のものから、柔らかくハチミツのようなトロリとした粘性の強いものまで多種多様です。 どういったシーンに合わせるのかを品種で考えながら、じっくりとワインショップで選ぶと楽しいのではないでしょうか。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top