ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの効果

ワインの健康効果といえば、赤ワインが有名です。

赤ワインには、ポリフェノールなどがたっぷりと含まれているからです。

ポリフェノール(酸化しやすく体内に入ると活性酸素と結合します。悪玉活性酸素を消滅させるため、動脈硬化やがんの予防に効果があります)は、脂肪分を分解する働きがあり、

ミネラル(マグネシウムは脳細胞の活性化を助けます。カリウムは、体内のナトリウムと結合して塩分を減少させるため高血圧の予防に役立ちます)やビタミンAは、新陳代謝を促します。

そのため赤ワインが注目されがちですが、白ワインにも驚くべき効果があります。

白ワインの効果

白ワインは、赤ワインの半分の時間で食中毒の原因菌であるサルモネラ菌や大腸菌を

殺菌するとされています。

これは、アルコールと有機酸の相乗作用により生じる効果です。

巷では、生牡蠣にはシャブリ(フランスのブルゴーニュ地方にあるワインの産地です。この地方で作られた白ワインだけがシャブリと呼ばれます)

という言葉を耳にしますが、相性が良いとされています。

白ワインの抗菌力をフルに発揮するからです。

お酒は百薬の長

イギリスのマーモット博士によると、飲酒と死亡率のJカーブ効果という

疫学調査において、既に適度な飲酒は健康に良いということが報告されています。

この調査によると、毎日の飲酒は、アルコールを全く飲まない人やたまに飲む人に

比べて、冠動脈疾患(心臓への血液供給が部分的に遮断される疾患のこと)

による死亡率が低いそうです。

この調査による適度な飲酒とは、ワインならグラス2杯、ビールなら大ジョッキ1杯、

ウィスキーならダブル1杯、日本酒なら1合だそうです。

ワインは美容の味方

適量のワインを摂取することは、美容と健康の味方です。

カロリーを気にする人は、飲み方を注意することで安心して飲むことができます。

ワインのカロリーは、白・赤・ロゼ、

いずれも100mlあたり70Kcal〜80Kcalです。

体内に吸収・蓄積される栄養素は、40%以内と少ないので、適量を摂取することで

ワインにより太る心配はありません。

しかし、ワインは胃の働きを活発にする作用があるため、

食欲が湧き食べ過ぎてしまうことに注意が必要です。

ワインを飲む際には、油が多く使用されている料理は控えることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?ワインには、たくさんの健康効果があります。

また、適度な飲酒は死亡率が低い傾向にあるので、

適量のワインを飲むことで、様々な効果を得ることにつながります。

是非、生活に取り入れてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top