ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

知っておきたい「赤ワインの魅力」

赤ワインは、ぶどうの旨みが詰め込まれており、タンニンから出る渋みと果実感が合い、とても奥深い味になっています。自分好みの赤ワインに出会ってしまうと、ワインの魅力にハマってしまう人も多いです。

「赤ワイン」とは

黒ぶどう種から作られる赤ワインは、赤黒いような濃い色合いが特徴的なワインです。黒ぶどうを皮ごと潰して醸造し熟成する特徴があります。室温で発酵される赤ワインは、レストランなどのお店などで出される場合も室温で提供されます。熟成期間の短いワインは、色が薄いです。熟成期間が長くなると濃い赤色に変化していきます。赤ワインは、ほとんどが重たいものが多く、白ワインと違うのは、味に渋みが強く感じられるということです。アルコール度数も高いため、重厚感のある口当たりです。何より、ポリフェノールが赤ワインには、多く含まれています。

赤ワインには、肉料理

赤ワインというのは、苦味と酸味が特徴です。味の淡白な白身魚の料理は、赤ワイン特有の苦味が繊細な料理に邪魔してしまいます。しかし、お肉料理では、旨みや甘味が多い料理がほとんどです。そのため赤ワイン特有の苦味が味のバランスを整えてくれます。

注目すべき赤ワインのぶどうの品種

・「カルベネ・ソーヴィニヨン」

ボルドーのワインに使用される代表的な赤ワインようのぶどうです。フランスのボルドー原産の品種であり、深みのある色に、しっかりとしたタンニンが特徴です。長期熟成型のワインに使用されています。

・「メルロー」

フランス、ボルドー地方原産の赤ワイン用ぶどうとして有名なメルローは、カルベネと違って繊細な渋みとまろやかな口当たりが特徴です。とても優秀な赤ワインが多いぶどうの品種になります。

・「ピノ・ノワール」

ブルゴーニュワインの代表的な品種です。ブルゴーニュの赤ワインは、ピノ・ノワールが有名です。ルビーのように透明感のある輝きがあり、なめらかな味わいが特徴の赤ワインになります。

・「シラー」

フランスのコート・デュ・Rhône地方原産の品種です。とても濃い紫が特徴で、しっかりとした赤ワインへと変化します。フルーティさも特徴です。

・「ガメイ」

日本でも知名度の高いぶどうになります。ボジョレー地方で栽培されている赤ワイン用のぶどうです。軽い飲み口とフルーティな味わいが特徴で、気軽に飲める赤ワインを醸造するには、適した品種と言えます。

まとめ

いかがでしたか?

赤ワインの魅力を知ることで、より一層美味しいワインに出会うキッカケになるのではないでしょうか。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top