ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

気になってしまう「ワインのカロリー」について

ワインを楽しむ方の中には、ワインのカロリーは、どのくらいなのか気になってしまう人もいるはずです。そこで、ワインのカロリーについてご紹介します。

最もカロリーが高いワインは?

ワインといっても、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワイン、などが存在します。ワインによって好みが分かれてくるはずです。

・「赤ワインのカロリー」

白ワインと同様に100mlあたり、75kcal程度です。白ワインに比べて、赤ワインの方がカロリーが高いです。しかし、赤ワインと白ワインは、ほとんど大差ないと言えます。

・「白ワインのカロリー」

白ワインのカロリーは、100mlあたり75kcalです。種類によって変わりますが、75〜100kcal程度になります。

・スパークリングワインとシャンパンのカロリー

100mlあたり、100kcal程度です。白ワインや赤ワインに比べると、若干高めです。しかし、銘柄に変わってカロリーが変わってくるため、ほとんど差がありません。

ワインを飲むと太るの?

・エンプティカロリー

ワインのカロリーは、種類によって、ほとんど大差がありません。お酒のカロリーは、エンプティカロリーというカロリーです。このカロリーは、特徴があります。それは、糖質や脂質より、熱として放出されるというものです。つまり、体内に蓄積されることなく放出されていくということです。カロリーが高いワインを飲んだとしても、そのカロリーは体内に吸収されるわけではありません。そのためワインが太るということにはつながりません。

・ワインを飲んで太る原因

ほとんど場合が、ワインと一緒に多くの食事をとります。ワインと一緒に出る食事は、パスタやお肉です。炭水化物や脂質を多く含みます。また、ワインが食欲を増進させる効果もあります。それにより、つい食べ過ぎてしまったりしてしまいます。このようなことの積み重ねにより結果として太ります。つまり、ワインが太る原因なのではなくて、一緒に頂く食事が原因となっているということです。

ワインで太らないために気をつけること

ワインで太らないためには、いくつかの気をつけたいポイントがあります。

それは、空腹時にワインを飲むことです。食事がはじまり、いきなりワインを飲むことはオススメしません。がぶがぶ飲んでしまうことで、酔いが早く回ってしまい食欲が増進してしまいます。ワインを飲む前に、何かを食べてアルコールの吸収をおさえるようにしましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top