ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

知っておきたい「白ワインの魅力」

白ワインは、初心者にもオススメの飲みやすい口あたりで定番となっています。フルーティや酸味と甘みのバランスが良いです。スッキリとしていて気軽に楽しむことができます。

白ワインとは?

白ワインは、淡白の白ぶどう種により作られるワインのことです。白ぶどうの皮や種を取り除き果肉のみが使用されて、醸造されます。熟成期間の短い白ワインは、ほとんど透明です。熟成が進むにつれて、色合いが濃くなっていきます。白ワインは、甘口から辛口まで幅広く、レストランで提供されるのは、ほとんどが温度の低い場所で保管されています。そのため、冷たい状態で飲むことができます。白ワインは、冷たい状態で飲むことが一般的とされ、フルーティな味わいと渋みが少なく飲みやすい口あたりが特徴です。アルコール度数が全体的に低くワイン初心者でも美味しく飲めます。

白ワインに合う料理

白ワインは、全体的に淡白な苦味と酸味があります。若干強い甘みが存在するため、ステーキなどのお肉料理では、白ワイン本来の良さが打ち消されてしまいます。そのため、苦味だけが強調されてしまうことになります。白ワインの魅力を楽しむためにも、白身魚のカルパッチョやムニエルなどの料理が、白ワインの美味しさを引き立ててくれます。

白ワインのぶどうの品種

白ワインの味を大きく左右するのは、白ぶどうの品種です。

・「シャルドネ」

ブルゴーニュ地方原産の白ワインのぶどう品種です。その中でも代表的な品種と言えます。また、シャンパンの原料としても知られています。

・「ソーヴィニョン・ブラン」

フランスのボルドー地方やロワール地方で栽培されている白ワイン用のぶどう品種です。現在は、ニュージーランドなどでも注目されています。ロワール地方では、呼び方がソーヴィニョン・ブランではなく、ブラン・フュメと呼ばれています。

・「甲州」

白ワイン用ぶどう品種のなかでは、珍しくピンク色をしています。日本では、1300年以上の歴史を持つ伝統的なぶどうです。山梨産の白ワインは、ほとんどが甲州を使用して作られています。

・「リースリング」

ドイツの白ワイン用ぶどう品種と言えば、リースリングです。甘口から辛口まで幅広いワインがあります。しっかりとした酸味と芳香な香りから感じられる上品さが魅力です。爽やかな味わいが特徴的です。

・「セミヨン」

フランスのボルドー地方にあるソーテルヌ地区やグラーヴ地区で栽培されている白ワイン用のぶどうです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top