ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

知っておきたい「アイスワインの魅力」

ぶどうが寒さのあまり凍ってしまい、その凍ったぶどうを使用してワインにするというものです。一般的なワインにはない、強い甘みと酸味があります。アイスワインは、デザートワインの中でも上位を争う人気の高さです。

アイスワインとは?

氷結したぶどうを使用してつくられるワインのことです。そうすることで、とても甘いワインになります。アイスワインの生産国は、ドイツとカナダです。他にも、アメリカやオーストラリアなど、少量ながら生産されています。アイスワインを名乗るには、定められている原料や収穫方法、温度などの厳格な基準を満たさなくてはなりません。しかし、日本国内での法律は存在しないため、そのような定義で造られるアイスワインの他にも、様々なワインが存在します。

デザートワインの2強とされているのが、アイスワインと貴腐ワインです。貴腐菌の生育により、干しぶどうのようになった葡萄から作られる貴腐ワインは、甘みのみが突出しています。そのため、重厚感のある味わいや貴腐香とされる独特の香りが特徴になります。

アイスワインは、なぜ甘いのか?

アイスワインの醸造に適した地域のほとんどは、アイスワインの製造に関しての法律が定められています。アイスワイン用に収穫するぶどうは、気温がマイナス7度を下回っているときに収穫することがルール化されています。マイナス7度の気温では、ぶどうは果実に含まれる水分が凍結します。氷晶が成長するにつれて、糖分や溶質が凍結していない部分へと凝縮されていきます。これにより一般的なぶどうよりも濃縮した果汁がとれます。そのため、甘いワインへと変化していきます。

リースリングというぶどうの品種

アイスワインに使用されるぶどうの中でも、最も多くのアイスワインい使用されるのが、リースリングとされる品種です。ドイツでは、とても重要な地位を占めている白ワイン用のぶどう品種です。寒い地域での栽培が望ましく、粘板岩や石灰石、火成岩などの土壌にも適応しています。このような条件からアイスワインには、最適な品種と言えます。

アイスワインの魅力は、じっくりと楽しむためのワインであるということです。ワインが苦手な方もアイスワインの虜になる人は、たくさん存在します。40年以上も熟成される過程で繊細な味わいと甘みを持ったアイスワインは、12℃前後で飲むことをオススメします。ぶどうジュースの甘さとは違い、ワインらしい飲みごたえがあります。アイスワイン自体がデザートになっているというのが魅力です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top