ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

種類によって合うグラスが違う「ワイングラスの種類」

ワインを飲む際には、普通のグラスではなくワイングラスを使用します。ワイングラスには、様々な種類のグラスが存在します。そこで、ワイングラスの特徴についてご紹介します。

ワイングラスの様々な形状と名称

・「リム」

リムは、唇が直接触れる部分です。直接唇と接触するので、ワインの味を決める場所になります。リム部分の直径がボウル部分より小さい方がワインの香りを長く溜めておくことができます。

・「ボウル」

ワインが注がれた時に、ワインが溜まる部分をボウルと呼びます。このボウルは、ワインの香りを決める上で、とても大切な部分と言えます。このボウルの形により、ワインの香りが変わってきます。

・「ステム」

ステムは、ワインを支える部分です。ほとんどの人が、ステムを持ってワインを飲みます。このステムが長いほど、手で持った際に体温がワインに影響しません。

・「プレート」

プレートは、ワイングラスの足です。テイスティングする際は、このプレートを持ってテイスティングします。

ワイングラスの特徴

・「ブルゴーニュ型ワイングラス」

これは、ブルゴーニュワインを飲むのに適しているワインです。繊細な香りを楽しむために使用されます。ボウル部分が広いため、香りをしっかりと引き出してくれます。

・「ボルドー型ワイングラス」

これは、ボルドーワインに最適なワイングラスです。フルボディであり、渋みが強めの赤ワインと相性が良いグラスです。

・「シャンパングラス」

シャンパンなど、スパークリングワインを楽しむために使用されるグラスです。縦に細長いため、シャンパンを注いだ際の泡を楽しむことができます。

・「白ワイングラス」

これは、冷えた白ワインを楽しむことに適しています。ボウル部分が小さくなっていることで、徐々にワインが空気に触れて温まってしまうのを防ぎます。

・「テイスティンググラス」

これは、テイスティング専用のワイングラスです。このグラスは、しっかりと国際規格が定められています。ワインの味を見極めるために最適なグラスです。

ワイングラスを選ぶ際に注意すること

ワイングラスを選ぶ際には、無色透明のグラスを選ぶようにしましょう。ワインは味だけでなく色も楽しむものです。そのため、ワイングラスは、無色透明のものを選びましょう。また、乱反射の起こるカッティングされたワイングラスも避けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

このようにワイングラスには、それぞれ適した条件があります。このような知識を学ぶことで、そのワインに合うグラスを選べるはずです。

是非、参考にしてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top