ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの「ボディ」と表現される種類について

赤ワインを選ぶ際に、フルボディやライトボディと表現されます。これは、赤ワインの味わいを表現しています。そこで、ボディの特徴をご紹介します。

ワインの「ボディ」の種類

・「フルボディ」

ボディの中で、最も濃厚な味わいです。深いコクがあり重厚な印象があります。このようなワインをフルボディといいます。フルボディとは、人間の体が由来となっています。フルボディは、豊満、肉付きの良い、などの表現です。膨らみがあり広がりのある味わいを持つ赤ワインがフルボディになります。

・「ライトボディ」

ライトボディは、軽さや薄めを表現しています。フルボディとは、対称的な表現になります。渋みやコクが軽いので飲みやすいワインが多いです。赤ワインが苦手な方は、ライトボディがオススメです。ライトボディのワインには、アルコール度数が低いものが多いです。しかし、アルコール度数が低いから安物という訳ではなく、質の高いライトボディのワインが存在します。

・「ミディアムワイン」

これは、フルボディとライトボディの中間のワインです。バランスがとれているワインと言えます。

ボディを決める要素

・「アルコール度数」

アルコール度数が高いほど、飲み口は重いです。しかし、アルコール度数で全てが決まるということではありません。

・「タンニン」

タンニンとは、ワインの渋みを左右する成分になります。タンニンが多く含まれるほど渋みがあります。そのため、味わいや飲み口が重く感じます。フルボディのワインは、タンニンが多く含まれているものが多いです。ライトボディは、渋みが弱いためタンニンが少ないと言えます。

表記について

日本では、フルボディのワインは高級ワインだとされています。しかし、実際には、フルボディだから高級というのは違います。低価格であってもフルボディのワインはたくさん存在します。そのため、フルボディというだけで購入するのではなく、自分自身の口に合うワインを選ぶようにしましょう。フルボディの赤ワインは、軽いものや強い口当たりのものも存在します。そのため、自分自身の口に合うワインを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ワインは、「ボディ」で識別されています。このような知識を学ぶことで、間違った知識でワインを購入することが無くなるはずです。フルボディだから高級という考え方には気を付けましょう。

是非、このような知識を活かして自分自身に合う「ボディ」の赤ワインに出会ってください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top