ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの「ボディ」と表現される種類と「シャトー・オー・ブリオン」

赤ワインを選ぶ際に、フルボディやライトボディと表現されます。これは、赤ワインの味わいを表現しています。そこで、ボディの特徴をご紹介します。

ワインの「ボディ」の種類

・「フルボディ」

ボディの中で、最も濃厚な味わいです。深いコクがあり重厚な印象があります。このようなワインをフルボディといいます。フルボディとは、人間の体が由来となっています。フルボディは、豊満、肉付きの良い、などの表現です。膨らみがあり広がりのある味わいを持つ赤ワインがフルボディになります。

・「ライトボディ」

ライトボディは、軽さや薄めを表現しています。フルボディとは、対称的な表現になります。渋みやコクが軽いので飲みやすいワインが多いです。赤ワインが苦手な方は、ライトボディがオススメです。ライトボディのワインには、アルコール度数が低いものが多いです。しかし、アルコール度数が低いから安物という訳ではなく、質の高いライトボディのワインが存在します。

・「ミディアムワイン」

これは、フルボディとライトボディの中間のワインです。バランスがとれているワインと言えます。

ボディを決める要素

・「アルコール度数」

アルコール度数が高いほど、飲み口は重いです。しかし、アルコール度数で全てが決まるということではありません。

・「タンニン」

タンニンとは、ワインの渋みを左右する成分になります。タンニンが多く含まれるほど渋みがあります。そのため、味わいや飲み口が重く感じます。フルボディのワインは、タンニンが多く含まれているものが多いです。ライトボディは、渋みが弱いためタンニンが少ないと言えます。

表記について

日本では、フルボディのワインは高級ワインだとされています。しかし、実際には、フルボディだから高級というのは違います。低価格であってもフルボディのワインはたくさん存在します。そのため、フルボディというだけで購入するのではなく、自分自身の口に合うワインを選ぶようにしましょう。フルボディの赤ワインは、軽いものや強い口当たりのものも存在します。そのため、自分自身の口に合うワインを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ワインは、「ボディ」で識別されています。このような知識を学ぶことで、間違った知識でワインを購入することが無くなるはずです。フルボディだから高級という考え方には気を付けましょう。

是非、このような知識を活かして自分自身に合う「ボディ」の赤ワインに出会ってください。

五大シャトーの中で”最も香り高い”と言われる
「シャトー・オー・ブリオン」

今日は、この「シャトー・オー・ブリオン」をご紹介します。

5大シャトーで唯一、メドック地区以外から1級を獲得

1855年のメドック格付け時、メドック地区でないグラーヴ地区であるにも関わらず
余りにも偉大な名声から、唯一例外として1級の格付けを獲得した
「シャトー・オー・ブリオン」。

シャトー・オー・ブリオンの歴史を振り返ると、500年以上前にさかのぼります。
あらゆるブドウ畑の中で最も古く、素晴らしいものの一つであり
17世紀の終わり頃、オー・ブリオンの名声は既にヨーロッパ中に広まっていました。

個性溢れるオー・ブリオンのスタイル

オー・ブリオンのワインのスタイルは、その長い歴史の中で次々と変化を遂げてきました。

1950年代から1960年代初め頃は、とても豊かで土っぽく、甘口ですらあったワインは、
1966年から1974年の間に、軽くやせた、シンプルなスタイルの赤ワインに変わりました。

正直、この頃のオー・ブリオンは、1級シャトーに期待されるような
豊かさや深みに欠けていたという評論家も多くいます。
これが意図的なものなのか、あるいは単に迷走していただけなのかはわかりません。

1975年のヴィンテージからは再び、1966~1974年以前のような
本来の土っぽい豊かさと凝縮感を取り戻しました。

そして現在のシャトー・オー・ブリオンは、疑いようもなく
1級シャトーとしての地位にふさわしいリッチなワインを造っています。

香りにおいて、右に出るものはいない

ボディは厚くタイトで、そのポテンシャルが十分に発揮される
飲み頃になるまでには、長期熟成が必要です。

ただ、特段濃く、風味も凝縮しているというわけではありませんが
それは、フィネスに重きをおいたスタイルだからです。

平凡なヴィンテージでも、シルキーなタンニンを有し、
そのテクスチャーには、この上ない貴族的な上品さがあります。

燻製の香りを備え、欠点を見つけることが難しいブーケは、すぐに他と識別できる個性を持ちます。
それは、香りにおいて
「オー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右に出るものはない」と言われるほど。

「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、
アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、
オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」
とロバート・パーカーも絶賛しています。

まとめ

ワインの香りにこだわる方なら、
ぜひ一度この偉大なオー・ブリオンを飲んでみてください。
芳醇な香りに、ノックアウトされるほどの衝撃を感じられるでしょう。

ただ、その味わいはヴィンテージによってかなり異なります。
その中でも最高の1本と言われているのが、「1989年」。
著名ワイン評論家のロバート・パーカーが、死ぬ前に飲みたい1本としてあげたり
有名ワイン雑誌の「ワインスペクテーター」誌にて、なんと最高点の100点を獲得したほど。

さすがに、そのお値段は30万程度と気軽に手を出せるものではありませんが
生まれ年のワインとしてプレゼントや、特別な日のお祝いなど
ぜひ一度は飲んでみたい逸品ですね!

Return Top