ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

レストランでのワインの基本

接待やデート、飲み会、食事会などでお酒を飲む機会は多いです。フレンチやイタリアンだけでなく和食でもワインを提供するお店は増えています。そこで、ワインの知っておきたい基本をご紹介します。

余裕を感じさせるワインの頼み方は、「予算をソムリエに伝える」

接待やデートでも、予算を決めて飲むということが大切なことです。そのような場合は、ソムリエに予算を伝えておくことでスムーズに美味しいワインを飲むことができます。また、予算での対応ができない場合は、ワインリストの値段を伝えることをオススメします。ソムリエを味方につけることで、美味しいワインを提供していただけます。一般的に、肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン、とされています。ソムリエに、感覚的な要望を伝えておくのも良いかもしれません。

「テイスティング」と「注ぎ」のルール

はじめにテイスティングとは、もてなしをする人の役目になります。ソムリエがもてなしをする人のグラスに少量のワインを注ぎます。ワインの色を見て、香りをチェックします。その後、口に含み味を確かめます。問題がなければソムリエを見てうなずきます。または、美味しいですと声をかけるのも良いです。それを聞いてからソムリエは、全員にワインを注いでいきます。このような一連の中で、おかしいと感じた場合は、ソムリエに伝えましょう。ソムリエがおかしいと判断した場合は、新しいものに取り替えてくれます。全員のグラスにワインが注がれたのなら乾杯をします。ここで乾杯は、グラス同士を合わせないことが大切です。乾杯は、相手を見ながらグラスを目の高さまで上げることがスマートです。

注ぎについてですが、高級レストランの場合は、ソムリエが常にお客の様子を見ています。グラスが空になりそうであれば、ワインを注ぎに来てくれます。このような場合は、ワインを注ぐのをソムリエに任せるようにしましょう。ワインがテーブルに置かれるようなレストランでは、自分で注がなくてはなりません。ワインを楽しむ際には、いろいろなワインが楽しめるお店やスペシャリストのいるお店に行くことで、より一層、ワインを楽しむことが出来ます。

ワインの楽しみ方

・味わいの違いを体感する

自分の好きなワインのタイプを知ることが大切です。多くの種類のワインを取り扱っているレストランで、ワインを楽しむことをオススメします。

・ワインの楽しみ方を教えてもらう

ワインのスペシャリストのいるお店で、ワインの楽しみ方を教えてもらいましょう。できるだけ自分の好みのワインをいただくことができるように、頼み方や表現の仕方、などを習得しましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top