ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインマナー

ここでは、レストランでワインを飲む際のマナーについてご紹介したいと思います。

すぐ使えるワインマナー

スーパーやコンビニ様々な場所でワインを購入出来、家庭でも気軽に飲めるようになったワインですが、一昔前までは高級品として扱われ、キリストの血とも言われたワインには、厳しいマナールールがいくつか存在し、それは、現代の高級レストランでも存在します。今回は明日から使えるマナーをいくつかご紹介します。

ワインの選び方

レストランでワインを選ぶ際には、原則として高価な料理には高価なワイン、安価な料理には、安価なボトルの方が良いです。ワインと料理のバランスがとれた組み合わせを心掛けることが重要です。ただし原則なので、組み合わせは自由です。

ワイン・テイスティング

ワインがきたらワインをテイスティングする必要があります。テイスティングとは、頼んだワインに異常がないか確認することで、ソムリエがグラスにワインを少し注ぐのでグラスのステム(脚)かベース(台)の部分を持ち、色を見ます。ワインが劣化しているかどうかのチェックです。テーブルクロス等白いものを背景にワインの色を確認します。グラスを鼻先に近づけ香りをかぎ、グラスを回します。ワインを口に含み、ゆっくりと舌の上でころがしてから飲み込みワインの味を確認します。もしワインに異常を感じたら、ソムリエにもチェックしてもらいましょう。ただし、口に合わなくても取り替えてもらえないので、要注意です。

ティスティングは「素人にはわからない」「恥ずかしい」とお思いですが、恥ずかしがらずにティスティングに挑戦し、ワインを楽しんで欲しいです。

ワインの手酌は御法度

レストランではワインの手酌は御法度とされており、ソムリエがいるレストランでは、タイミングよく注いでくれるので、手酌することは失礼とされています。また、忙しい時間帯では、空のグラスが見逃されてしまうが、気長に待ち、相手との会話を楽しんでもらいたいです。

カジュアルなお店では

カジュアルなお店でワインを自身で注ぐ際は、片手で注ぎがちだが、それはプロだからできる事で自信の無い方は両手で持っても大丈夫です。また、注ぐときは、ラベルを汚さないよう上向きにし、注ぐのがマナーです。

お酌は男性

日本ではお酌する際、女性に注いでもらうことが多いと思いますが、海外では男性が女性をエスコートするため、相手のタイミングをみて注ぐのは男性の大事な役割です。

ワインを注いでもらう時はグラスは持たない

ソムリエにワインを注いでもらう時、グラスを手に持ったままだと、こぼしたり、ワインの温度が下がったりするので、ワインは手に持たず、テーブルの上に置いたままにするのがマナーとされています。

乾杯はにっこりと

ワイングラスでは乾杯する際は、音を立てないというのがマナーです、グラスを胸の高さまで持ち上げて、相手の目をみて「乾杯」とにっこり微笑み、スマートに乾杯してもらいたいです。

もういりません、というサイン

不要の場合では、グラスの縁にそっと指を添えれば、「もう結構です」というサインになります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top