ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

知っておきたい「ワインの種類」

ワインと聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?赤、白、ロゼ、などをイメージする人が多いのではないでしょうか。ワインは、原料や製法により4種類に分けることができます。その種類とは、「スティルワイン」、「スパークリングワイン」、「フォーティファイドワイン」、「フレーヴァードワイン」になります。

「スティルワイン」、「スパークリングワイン」、「フォーティファイドワイン」、「フレーヴァードワイン」について

・「スティルワイン」

スティルワインとは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインになります。

・「スパークリングワイン」

スパークリングワインとは、炭酸を含んでいるワインです。シャンパンが良い例になります。

・「フォーティファイドワイン」

フォーティファイドワインは、ブランデーなどの強いお酒です。アルコール度数を上げたワインになります。シェリーやポートワインが有名です。

・「フレーヴァードワイン」

フレーヴァードワインは、薬草や香辛料を加えたワインです。ベルモットやサングリアが有名です。

4種類のワイン

日常的に飲むワインは、赤、白、ロゼ、スパークリングの4種類です。

・「赤ワイン」

黒ぶどうから造られるワインです。店頭に並んでいるほとんどのワインは、赤ワインになります。香りや味は、白ワインより濃厚です。肉料理に合います。重厚さを表すものとして、フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディがあります。

・「白ワイン」

白ぶどうから造られたワインです。冷やすことで、酸味や果実の味を楽しむことができます。魚料理に合います。甘口、辛口の違いがあります。

・「ロゼワイン」

薄いピンクのワインになります。香りと味は、赤ワインと白ワインの中間になります。

・「スパークリングワイン」

炭酸を含んでいるワインです。お祝い事の乾杯の際に使用されます。シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインのことを言います。

日常生活でワインを飲む

日常生活では、自分自身の好みのワインに出会うことで、ワインの楽しさにつながります。甘口のワインや辛口のワイン、赤、白、ロゼ、スパークリングワイン、など様々なワインが存在します。いつもと同じものを注文するのも良いですが、注文したことのないワインを注文するのも、自分好みのワインに出会うキッカケにつながるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

ワインの知識を学ぶことで、これからの生活の幅が広がるのではないでしょうか。

是非、参考にしてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top