ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

和食や洋食、気軽なパーティー、場所や料理に合わせてワインを選ぶことができると、食事はより一層華やかになります。また、ワインは種類が豊富にありますが、ワインボトルの形も様々。また、ワイングラスも数種類あり、どのグラスに入れるかで雰囲気も味もかわります。奥が深いワインの魅力。ワインについて学べる、資格を紹介します。

まずは、基礎知識を習得しよう。

手軽に自宅でワインを楽しみたい、ワインの知識を深めたい人は、ワインコンシェルジュやソムリエインストラクターの資格取得をめざす資格講座を受講してはいかがでしょうか。

ワインコンシェルジュは、日本安全食料料理協会が認定するワインコンシェルジュ認定試験を受け、合格すると得られる資格です。ブドウの品種の特徴やワイン事情などワインに関する基本的な知識が学べます。受験方法は在宅受験で合格基準は70%以上の評価です。受験料は10000円です。

ソムリエインストラクターは、日本インストラクター協会が認定するソムリエインストラクター検定を受け、合格すると得られる資格です。こちらも受験方法は在宅受験で合格基準は70%以上の評価です。受験料は10000円です。

ソムリエに匹敵する知識が深まるワインエキスパート

ワインのプロとして一般的に知られているソムリエは、社団法人日本ソムリエ協会が認定する資格ですが、5年間飲食店でアルコール類を出す仕事に携わっていないと受験資格が得られません。社団法人ソムリエ協会が認定する資格のなかで、「ワインエキスパート」という資格があります。この資格は、20歳以上であれば、誰でも受験できます。ワインエキスパートもソムリエも問題内容は似ており、難易度も同じくらいだとされています。

また、酒販店やワインの流通に関係した仕事に3年間以上携わっている人に受験資格のある「ワイン・アドバイザー」という資格も社団法人ソムリエ協会の認定資格です。ワインエキスパートの受験料は、一次試験一般25440円。二次試験の一般12690円です。

人気ソムリエになるには?

日本には、約12000人のソムリエがいるとされています。ソムリエという肩書きを持ちながらワイン関係の仕事をしていないソムリエも数多く存在し、そのなかでも口コミで評判のソムリエや人気ソムリエはごく一部です。多くのソムリエの年収は、300万円から500万円。ソムリエコンクールなどで優勝し、知名度を上げ、教室を開くなど事業に成功すれば年収は上がります。人気ソムリエになるためには、ソムリエコンクールでまず結果を出すことが求められます。

知識を深めソムリエになりたい!

ソムリエの試験を受けるには、5年間飲食店でアルコール類を出す仕事についている必要があります。5年の間にワイン関連の資格を多く取得し、知識を深めておくと、ソムリエ試験を受けるときに役立ちます。条件なしで誰でも受けられる資格もあるので、ランキングなどで比較し、通信講座を検討するとよいでしょう。

まとめ

ワイン資格と取るなら、日本安全食料料理協会が認定するワインコンシェルジュか日本インストラクター協会が認定するソムリエインストラクターがおすすめです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top