ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワイン 葡萄の作り方

ここでは、葡萄の作り方をご紹介したいと思います。

葡萄作り

どんなに醸造の技術が進化しても、良いワインを作るためには、まず、葡萄作りからと昔から言われてきました。そのため、醸造技術の進化以上に、葡萄をより良質にするための栽培技術方法の進歩が求めれてきました。さらに、現代のワイン醸造では理想の味わいを生み出すために、複数の品種の葡萄を組み合わせた手法も用いられています。よって、ブドウ品種の選定とブレンド比は味の特徴を決定する大きな要因です。しかし、一方でブレンドを行わず単一品種のワインも生産されています。

ヴィンテージ

その年のブドウの作柄のことをヴィンテージと呼び、現在では転じてブドウを収穫した年のことをヴィンテージと呼びます。その年の出来、不出来によってワインの出来が変わります。のために各国のワイン関連組織やワイン専門誌などによってヴィンテージチャートが発表されます。ただし、現在では補糖や補酸、適切な酵母の選択などの醸造技術の進歩により、力のあるワイナリーであれば悪い年でもそれなりのものができるようになり、味に関しては激しい差はないとされています。

ノン・ヴィンテージ

悪い出来のブドウでは長い熟成に耐えることが難しくなり、より早飲みになります。安価なワインでは品質を安定させるために複数の年のワインを混ぜた「ノン・ヴィンテージ」であることが多く、日本ではノン・ヴィンテージが一般的で、産年表示された「ヴィンテージ・シャンパン」は、高級品に限られています。

品種

世界的にはワインに使われるブドウの種はヨーロッパ種でほとんどはワイン専用品種で、一般にワイン専用品種は生食用品種よりも果実の粒が小さく、皮が厚く、甘みと酸味がより強いことが特徴です。代表的な品種としてリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなどがあります。

土壌

品種毎に適する土壌には違いがあるとされているが、代表的な好土壌は、カリ白亜土、赤砂質粘土、黄土土壌、混砂粘土、泥灰岩土壌、石灰質土壌、粘陶土質土壌の水はけの良い土地が多く選ばれています。

気候

良質なワインを醸造できる特性を兼ね備えた果実を収穫できる地域の多くは、緯度20度から40度の地域に存在しているが、ヨーロッパでは北緯50度の地域においても栽培が行われていて、また、冷涼な地域では収穫期を遅らせ糖度の上昇を待ちます。あるいは温暖な地域では適度な酸が失われる前に早期の収穫を行う事で、収穫されるブドウの品質向上を図っています。

天候

その年に雨が多く、日照量が少ないとブドウの生育が悪くなり、そこからできたワインは糖分と果実味に乏しく腐敗果の混入の恐れが増えます、逆に日照が良すぎ、生育が早すぎると酸が欠け糖分が強くなりすぎ、酸味とのバランスが悪くなります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top