ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

白ワインについて

ここでは、白ワインについてご紹介したいと思います。

白ワインとは

白ワインは、果皮が薄緑色の白ブドウを用いて作られます。果皮や種を使用しておらず、果汁のみで発酵しているため渋みがなく、フルーティで飲みやすいワインとなっています。発酵液が低温の状態で発酵を止めると甘口になり、完全に発酵すると辛口になります。

白ワインの楽しみ方

白ワインを最大に楽しむには、白ワインについて知る必要があります。そのためには 1.味わい 2.温度 3.ワインにあった料理 この3点を理解し、最高の状態で白ワインを楽しんで頂きたいと思います。

1.味わいを知ろう

白ワインの味わい要素として、味の濃さ、甘辛度、酸味、この3要素があります、この3種類がワインを選ぶ基準となります。

味の濃さ:赤ワインのようにボディで濃厚さを表すのではなく、「しっかり」「すっきり」といった表現で味わいを表す。

甘辛度:製造途中での発酵度の違いによって、ワインに糖が残った状態の甘口と、ワインから糖が無くなった状態の辛口とに分かれる。

酸味:葡萄自体の酸味や、収穫年ごとの天候や地形、地域によっても違い、また、発酵の度合いにより酸味が変化します。

2.温度を知ろう

白ワインには飲み頃の温度があり、甘辛度に合った温度にすることで、味わいを最大に楽しむことが出来るので温度にもこだわりた所です。

甘口:温度が低いほど甘味がサッパリと感じれます。  オススメ温度:5~8℃

辛口:冷やしすぎるとワイン本来の味わいが感じにくくなるので、温度を高めにすることで、香りが豊かになります。  オススメ温度:8~10℃

3.相性のよい料理を知ろう

料理を楽しむ際には、ワインも一緒に楽しんでもらいたいです、ワインの味の濃さによって料理の種類も変化し、相性が良ければ料理のおいしさだけでなく、ワイン本来の味わいを最大限に引き出してくれま。また、白ワインは鶏肉や魚介類の臭みを白ワイン成分が消してくれるので、サッパリとした料理が合います。この記事を参考に、あなただけの、ワインのパートナーを探してして頂きたいです。

軽白:軽めのサッパリとした白ワインならば、レモンや酢、オリーブオイルといった、サッパリした料理があいます。

オススメ料理:オリーブオイルのアヒージョ

中白:バランスのとれた、スッキリとした白ワインならば、バターやマヨネーズといった、程よいボリュームの料理が合います。

オススメ料理:ピザ、魚のムニエル

重白:重めのしっかりとした白ワインは、生クリームやバター、味噌といったしっかりした味付けの料理が合います。

オススメ料理:カルボナーラ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top