ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ビオワインとは

日々食卓に上がる食品と同様に、ワインにも「人工的なものは避けたい」という考えを持つ生産者や消費者が増えてきてしばらく経ちます。ワインを飲みながら健康的な生活を送る上でも興味深いこれらのワインについてご紹介します。

ビオワインの定義

日本では『オーガニックワイン』は、「厳しい基準をクリアした有機栽培農法で作られたブドウを原料としたワイン」ということになりますが、よく耳にする『ビオワイン』については明確な定義がないようです。

日本のワイン業界での『ビオワイン』の定義は、オーガニック農法をいくら、またはかなり取り入れた農法の「オーガニック農法」、あるいはドイツの思想家シュタイナー博士の提唱の環境に優しい農法「ビオディナミ(Bio Dynamic=生体力学)」の両方が、いわゆる『ビオワイン』と呼ばれています。

それ以上の定義は特になく、生産者が一部でもオーガニックな栽培であるとすればそれを「ビオワイン」と名乗れ、またビオディナミにあるように、‘月の光で数日照らした水に乾燥した子牛の肝臓を…’といったビオディナミ特有のある種不思議な作業をブドウ栽培に加える等、理想を追ってしかも環境にも優しいワインを作るために大きな苦労をしてできたブドウも「ビオワイン」ということになります。その他にも、ブドウ畑で農薬は使わなくても醸造過程で各種薬品類を使っても「ビオワイン」、またブドウ畑で農薬をまいても醸造所では昔ながらの作り方で薬品を使いません!というワインも「ビオワイン」です。

日本のワイン取引でのみ使われる「ビオワイン」という用語、そう謳っているワインはどういう「ビオワイン」なのかを知るには、ボトルの後ろのラベルをチェックする、あるいは最近では生産者のウェブサイトに詳細が載っていることもあります。

ビオワインがいいといわれるわけ

上記の説明を読んでいただければ、農薬を使わないから環境に優しい、薬品を少ししか使わないから健康的などの理由が、ビオワインブームを説明してくれます。

他にも、

1、ビオワインでは頭痛を起こさない?

科学的根拠により証明されたわけではありませんが、ビオワインでは悪酔いしないという話も聞きます。酸化防止剤的役割をする「亜硫酸塩」が頭痛を引き起こす原因になっているのでは、ということだそうです。これは体質や人種によっても違うそうで、亜硫酸でアレルギーを引き起こす人もいるそうです。よく料理に使う人口添加物でも、それに反応する人としない人といるので同じ原理かもしれませんが、入っていないと分かれば安心かもしれませんね。ただ上にご説明したように「どのタイプのビオワインか」というところが重要ですので、この場合、亜硫酸塩の添加の少ないビオワイン、というのを選んでいただければいいかと思います。

2、素材のブドウの味をもっと楽しめる

手間暇かけて作られたビオワインは、しっかりそのブドウ本来の香りや味がするワインにできる傾向にあります。これは例えば、無農薬の野菜のほうが本来のその野菜の味がすることが多いので納得できるかもしれませんね。

3、ブルゴーニュやローヌ地方の名手によるビオワイン

ブルゴーニュ地方やローヌ地方の最高峰と言われる生産者の多くは、ビオワインを採用しています。

特にフランスのワインづくりに重要視される「テロワール」という考え、つまりブドウ畑の土壌、気候、日照条件をワインに表現するには、農薬は不要、または不可であるということのようです。

ただこれは、その作り手の懐具合がもともと充実しているからできる冒険とも言えるでしょうか。

とりあえずおいしく飲むこと

それが一番大事。自然派にこだわるばかりに、しっかり熟していない果実からワインを作ると十分熟していないブドウから酸っぱすぎるワインが作られますし、醸造中に薬品を使わずワインの腐敗が進んでしまったりするとせっかく努力してブドウを作ってワインになっても飲めないものになってしまいます。やはり完全に自然の形でワインを作るのは非常に難しいようです。しかしながら、ナチュラルワインの研究は今やトレンドになりつつあるということなので、これも今後の動きに期待したいところです。そして余談ですが、ビオディナミのワインは二日酔いしにくいとも言われます。これはワイン愛好家にとって本当であってほしい噂ですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top