ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインソムリエとは

ここでは、ワインソムリエについて、ご紹介したいと思います。

ワインソムリエとは

レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕の人のことで、ソムリエになるには、国家資格が必要とされています。また、日本では、日本ソムリエ協会が認定する「ソムリエ / ワインコーディネーター / プロフェッショナルソムリエ」の資格があります。

歴史

ソムリエの発祥時期は明確には分かっていないく、中世ヨーロッパにおいて、王の飲食物管理や毒味役を担った食事係が管理していた荷車(sommier)が語源であると考えられています。

19世紀にはパリのレストランにおいて、ワインを専門に担当する現代のソムリエに近い役割が出現しはじめました。この当時、レストランのカーブ(地下貯蔵庫)にあるワイン樽から瓶詰めを行うこともソムリエの大切な仕事でした。

その後、1907年に、パリ・ソムリエ組合が誕生し、また、製造元から瓶詰めワインが直送されるようになり、ソムリエの重要な仕事であったカーブでの瓶詰め作業が不要になるなど、ソムリエという職能自体が危機に瀕しました。このため、ソムリエの重要性を世間に知らせようとして、1969年にパリ・ソムリエ協会が結成。またその後、国際ソムリエ協会が設立され、ソムリエの育成やワインの知識伝達に勤めています。

ソムリエナイフ

ソムリエナイフとは、コルクスクリューの一種でポケットに入るよう、折りたたみみ式のものをいい、ソムリエが多く使われるのが語源となっています。

使い方

  1. ハンドル部に収納されている小さなナイフを使い、瓶の口を覆っているラッピングを剥がす。
  2. スクリューをコルクにねじ込む。スクリューのとがっている先がコルクの中心になるように横にして差し込み、最初の一周で垂直に戻す。
  3. スクリューを一周ほど残し、ハンドルの反対側に付いている金属部分を瓶の縁にかけ、支点とする。
  4. ハンドルを引き上げ、てこの原理でコルクを引き上げる。その後、手で回しながら引き抜くことで音がしない

ソムリエ資格試験

ソムリエ資格試験に合格すると、レストランのソムリエが胸につけているブドウのバッジと認定証をもらえます。これは、飲食店を転職するときに、とても有効的な資格となります。

ソムリエ資格取得には、年に一回試験があり、1次試験の筆記試験と、2次試験のテイスティング、口頭試問、実技があります。また、毎年約7000人が受験し、約2500人が合格という、合格率が30~40%と、難しい試験となっています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top