ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの適温とワインの美味しい飲み方

同じワインでも、飲む温度によって
驚くほど印象が変わることがあります。

本来はおいしいワインなのに、適切な温度でサーブされなかったために
残念な味わいになってしまうことも。

今日は、大事なワインの温度管理についてご紹介します。

赤ワインは冷やさない、は正しい?

ワインの適温については、
「軽い物は冷やして、重い物は高めの温度で」というのが大原則です。

よく、「赤ワインは常温で、白ワインは冷やして」と言われますが、
これって正しいのでしょうか?

実はこれはフランスの気候においての話。
四季があり、温度変化が大きい日本には当てはまりません。

飲み口が軽いタイプの赤ワインであれば14℃から16℃が、
しっかりとしたコクがある重いタイプの赤ワインであれば、
16℃から18℃が適温です。

早飲みタイプの若い赤ワインであれば10℃から14℃、
ヴィンテージものの赤ワインは、冷やさないほうが香りが広がります。

冷やすにはワインセラーか、セラーがない場合はワインクーラーを使用します。
氷と水を入れたワインクーラーに浸すと、1分で約1度下がります。

温度の高低で、何が変わるのか

ワインの香りのボリュームは、温度が高いほど大きくなります。
これは温度が高ければ高いほど、香り成分の揮発が
促進されるからです。

ただし、20度以上の温度ではワインの酸化が急激に進むことから
一般的にワインのサービス温度の上限は、18~20度とされています。

温度が低くなる分には、凍らない限り風味が後退することはありませんが
香りのボリュームを保つためには、7~8度以下は好ましくないというのが
一般的な見解です。

温度で変わる味覚の変化

では、温度の高低が味覚に与える具体的な影響とは、どんなものでしょうか。

まず、温度が高い方がプラスに働くケースでいうと
赤ワインの渋み、タンニンと苦みについては
温度が高いほどまろやかに感じられます。

ですので、カベルネソーヴィニヨンなど渋みの強い赤ワインは
高めの温度でサーブしたほうがよく、
ボージョレのように渋みの穏やかな赤ワインは、低めの温度でも問題ありません。

一方、温度を低くすることによって得られるメリットも
たくさんあります。

ワインのフレッシュさは、低い温度ほど強く感じられます。
また、甘みやアルコールがもたらす舌が焼けるような感触は、
低温によって緩和されます。

酸味については、温度が低くなるほど強調されるというのが
一般的な考え方です。

その他、炭酸ガスの泡立ちも、低温の方が抑制されます。

まとめ

最後に、酸味に乏しい平板なワインや香りが気に入らないワインなどは
強く冷やすことで、その欠点を隠すことができます。
あまり質の良くないワインは、とにかく冷やした方が飲みやすくなるのです。

こうした低温による効果は、白ワインの方が適していますが
複雑な香りがその魅力である高級白ワインは
フレッシュさをある程度犠牲にしても、高めの温度の方がおすすめです。

一方、これから暑くなってくるので、赤ワインも適温になるよう
冷蔵庫やワインクーラーなどで冷やして飲んだ方がよさそうです。

ただし、キンキンに冷やし過ぎるのはNGです。
こまめに状況を確認しながら、適温でぜひお楽しみください!

ワインは、環境や品質管理において、とても繊細です。それくらい味が変化してしまう飲み物です。そこで、ワインの美味しい飲み方をご紹介します。

「振ってはいけない」、「適温にする」

・「振ってはいけない」

ワインを飲む際に、ワインを保管している場所からボトルを持ってきます。その際に、ひっくり返したり、振ったりしないように気をつけましょう。ワインには、オリという沈殿物ができています。そのオリが浮遊しないように、ボトルをそっと扱いましょう。

・「適温にする」

ワインには、種類によって適温が変わります。飲み比べると一目瞭然です。飲む際の適温により印象が全く違います。およその目安は、

フルボディの赤は、室温で管理します。軽めの赤、ロゼ、辛口の白は、冷蔵庫で軽く冷やしておきます。甘口の白、スパークリングは、冷蔵庫でしっかり冷やして飲みましょう。

「少し前に抜栓」、「デキャンタージュ」

・「少し前に抜栓」

ワインは、開けた直後は、渋みが強いためまろやかさに欠けます。時間が経過するにつれて、空気と触れ合って美味しくなります。これを「ひらく」と表現します。

・「デキャンタージュ」

デキャンタに開けたばかりのワインを移すことで、たくさんの空気と触れ合い美味しくなります。すぐに飲みたいけれども、開けたばかりだという場合に、このような方法を使用します。

「飲む順番」、「残っているワインの保存方法」

・「飲む順番」

お店などでグラスワインを飲む場合は、白ワインから赤ワインの順番が良いです。飲む際に、同じ赤なら軽めの方から飲むようにしましょう。重厚なものほど最後にしましょう。飲む順番に気をつけることで、より一層、ワインが美味しく感じます。

・「残っているワインの保存方法」

ワインを残してしまった場合は、コルクを閉めて工夫して保管します。

瓶内の空気を抜いて真空に近い状態で保管することをオススメします。手動で空気を抜く器具があるので、それを用いましょう。

次に、残したワインに見合うペットボトルを用意する方法です。残ったワインを用意したペットボトルに入れて保存します。できるだけ、ペットボトルの大きさと残りのワインの量が近いものを準備することで、空気との隙間を少なく保存できます。

まとめ

いかがでしたか?

このようにワインを美味しく飲む方法は、様々なものがあります。その中でも、ワインを保存する管理の面が重要です。そのワインに適した管理をすることで、そのワイン本来の美味しさを味わうことができます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top