ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

スパークリングワインの正しい開け方

家でスパークリングワインを飲むときに
最後にポンッ!と派手な音をさせていませんか?

確かに、お祝いのような場では盛り上がるのですが
実は、音を立てずに開けるのが正式の開け方です。

でも、これが結構難しくて
気を付けていても、ついポンッ!となってしまうんですよね。

今日は、スパークリングワインの正しい開け方を学んでいきましょう。

ワイヤーを外す

大半のスパークリングワインは、スティルワインと同じく天然コルクを使用していますが、
スパークリングワインのコルクは、ご存じのとおり
抜栓のためのオープナーは必要ありません。

ただし、スマートに栓を抜くには若干のコツがあるのです。

まずは、瓶の口を覆っているホイルを剥がします。
そうすると、キノコ型をしたスパークリングワイン用のコルクの頭が現れます。
(抜栓する前、もともとの栓の形は円柱形です)

コルクはガス圧で外れてしまわないよう、ワイヤーで瓶の口にしっかり固定されているので
まずはワイヤーをねじって、緩めます。

ワイヤーを緩める際は、必ず親指をコルク上部に置いて、
コルクが飛び出さないように力を十分かけてください。
ガス圧が強いものは、ワイヤーを外しただけで
栓が飛び出してしまうことがあります。

緩めたワイヤーは外してもよいですが、外さなくても大丈夫です。
外す場合は、親指がコルク上部から離れてしまわないよう注意してください。

そして、コルク上部に食い込んでいる4本のワイヤーを
力をかけて1本ずつ外していき、ワイヤーのリング状になった部分に親指をくぐらせます。

じわじわと、慎重に

次に、いよいよ栓を抜きます。

片手の親指で栓の上をしっかり押さえたまま
同じ手の残りの指で、瓶の口を握ります。
瓶の口をナフキンで覆って、その上から握るのでも構いません。

次に瓶を斜めにして、空いている方の手で瓶の底を握りましょう。
この状態で、コルクは動かさずに瓶を少し回すと
ガス圧でコルクがじわじわと上がってきます。

時々、瓶をひねっただけではコルクが上がってこないことがありますが
その時はコルクも左右に回しましょう。

コルクが飛び出しても人や物に当たらないよう
斜めにした瓶の口は安全な方向に向けます。

最後のひとひねりが、キモ

あと少しでコルクが瓶の口から外れるところまで上がってきたら
コルクを握っているほうの手を少しひねります。

薬指に瓶口の太くなった部分が感じられるくらいで、
ポンッと抜けないようにコルクを押さえることに注意してください。

そうすると、瓶の口とコルクの間にわずかな隙間ができ
プシューっという音がして瓶内部のガスが抜けます。

この最後のひねりを加えず、コルクがガス圧で上がるのに任せてしまうと
栓が瓶の口から離れる瞬間に、ポンッといういつもの音がしてしまいます。

まとめ

でも、そもそも「ポンッ!」はなぜだめなのでしょうか。
ポンッ!という音がしたほうが、華やかな気分になり
これから楽しむワインや食事を盛り上げる、スタートにもなりますよね。

音をさせずにゆっくり抜くのが、なぜ正式とされているかというと
ワインのおいしさを一番に考えるためなんです。

ポンッ!と音をさせて勢いよく栓を抜いてしまうと、
せっかく長く熟成させて細やかな触感になった泡を荒々しくしてしまうのです。

もちろん好みなので、そこまでワインのおいしさにこだわらなければ
音をさせるのも自由です。

でもたまには、正式な抜き方もためしてみてくださいね。
意外と難しいですよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top