ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの価格はどうやって決まるのか?

ワインの価格はさまざまですが、高価なものになると1本数十万もざらですよね。
当然、高いものほど品質がいいと私たちは思いますが…
実際ワインの価格はどうやって決まっているのでしょうか。

実は、ワインの価格を決めるのに、大きな影響のある要因は
ワイン造りにかけた原価と、需要/供給のバランス、そして「評論家」なんです。

よいワインを造るには、それなりの投資が必要

高品質なワインを造るためには、優れた土地で手間暇かけて
ブドウ栽培やワイン醸造に力をいれなければなりません。

さまざまな設備投資も必要ですし
ブドウの品質にこだわると収量が減り、ワインの生産量が減ります。
また、優れたワイン醸造家を雇ったりすると、人件費もかかります。

ボルドー地方で、安価なワインと高級ワインでは
高級ワインの原価が、安価なワインの5~6倍になると言われるほど。

高いワインには尻込みしてしまいますが、
原価が高くなれば、ワインの価格も当然高くなりますね。

希少価値

ただし、特に高級ワインの場合は、原価だけで価格が決まるわけではありません。
需要と供給のバランスに大きく左右されるのです。

ブランドものの靴やバッグと同じで、生産量を上回る人気があれば
プレミアがついて、値段はどんどんと跳ね上がります。

年間数千本しか造られない、ブルゴーニュのロマネ・コンティなどがその代表。
生産量の少ない希少なワインほど、価格上昇が激しくなります。
また、古いヴィンテージのものは、当然年々消費されて数が少なくなるので高くなることも。

人の評価も価格に影響する

ワイン好きな方なら、「ロバート・パーカー」という名前を聞いたことはありますよね?
よく、パーカーポイント96点!など、ワインの評価の証として使われることもあります。

ロバート・パーカーは、アメリカ人のワイン評論家で
今ワインの世界において、最も影響力をもつ評論家だと言われています。

パーカーは、世界中のワインを100点満点で採点し、点数とコメントを発表します。
彼が95点以上をつけたワインは、瞬く間に価格が暴騰し、
あっという間に市場から姿を消してしまいます。

パーカーが消費者から絶大な信用を集めるようになったのは、
彼のテイスティング能力が優れていたのもありますが、それだけではありません。

100点満点での採点が一般人にも分かりやすかったこと、
ワイン業界側の人間としてではなく、中立的な立場で評価しようと努めていることも
成功理由だと考えられています。

まとめ

パーカーたちアメリカ人の評論家は、果実味とアルコールの強い濃厚なスタイルのワイン、
若いうちから美味しく飲めるようなワインを高く評価する傾向があります。
またアメリカの消費者たちは、実際そういったスタイルのワインを好みます。

強い購買力を持つアメリカ人にアピールするため、
ワイン生産者たちは評論家好みの濃厚なスタイルのワインを
意図的に造るようになりました。

しかし、そのようなワインを造るために、世界中で同じ技術が使われ
同じような味のワインが大量生産されている、という批判の声も高まってきています。

特にイギリス人評論家は、一般にアルコールや果実味、樽風味などが
ほどほどに抑えられた「エレガント」なワインを好む傾向にあり、
アメリカ人評論家と真っ向から対立しています。
パーカーが高得点をつけたワインをこきおろすことも。

このように、ワインの価格や点数の評価などは
突き詰めれば主観的・相対的なものでしかありません。

一つのとっかかりにはなりますが、あまりこだわりすぎず
色々ためしてみて、ご自身で判断されることをおすすめします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top