ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインの種類

ここでは、ワインの種類についてご紹介したいと思います。

色で選ぶワイン

ワインの種類を色で大別すると赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、この3種類に分けられます。

赤ワイン

赤ワインは、果皮が黒、紫、赤色といった色のついた黒葡萄を用いて作られます。果皮や種、実を丸ごと発酵させることにより、果皮から赤色の「アントシアニン」、種からは渋みの「タンニン」が抽出されます。飲み口の重さの違いは、果皮や種が発酵液に浸った状態の時間によって変化します。短いと軽い飲み口で、長いとしっかりとした飲み口になります。

白ワイン

白ワインは、果皮が薄緑色の白葡萄を用いて作られます。果皮や種を使用しておらず、果汁のみで発酵するため渋みがなく、フルーティで飲みやすいワインとなっています。発酵液が低温の状態で発酵を止めると、甘口になり、完全に発酵すると辛口になります。

ロゼワイン

ロゼワインは、赤ワインと同じく黒葡萄を使用してつくられます。ロゼワインには様々な製法があり、赤ワインと同じように作る製法では、発酵液が色づいたところで、種や果皮を取り除き発酵を続けます。白ワインと同じように作る製法では、白葡萄ではなく、黒葡萄を用いることでロゼワインにします。

4種のワイン

ワインの種類として思い浮かぶのは、赤ワイン、白ワイン、ロゼ‥等沢山の種類がありますが、その中でもワインは製造法や原料によって、大きく4種類に分けることが出来ます。

スティルワイン(非発泡性ワイン)

最も一般的なワインが、このワインのことを言います。よく知られている、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインはこのワインの部類で、特徴としては、炭酸ガスを含んでおらず、アルコール度数は9~14度といったところです。

スパークリングワイン(発泡性ワイン)

フランスのシャンパニュー地方で造られたシャンパンがこの部類の代表として上げられます。特徴としては、炭酸ガスを中に封じ込めた、泡立つワインで、スティルワインとは違った口当たりが楽しめます。

フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)

スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインやマデイラが有名で、特徴としては、スティルワインの発酵中または発酵後に、アルコール度数の高いブランデーなどのお酒を加えアルコール度数を16~22度まで高くし、コクや保存性を高めたワインで口当たりがトロっと優しく、甘口が多く、女性に親しまれているワインです。

フレーヴァード・ワイン(アロマタイズドワイン/香味付けワイン)

イタリアのベルモットやスペインのサングリアがよく知られています。特徴としては、スティルワインに薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加え、独特な風味をつけたワインが特徴です。食前酒や食後酒、カクテルの原料などに用いられます、種類により独特の風味を楽しめます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top