ワインソムリエ資格.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワインソムリエ | ワインソムリエ資格.net - Part 2( 2 )

Category
諒設計アーキテクトラーニングスクール口コミ

諒設計アーキテクトラーニング評判口コミ

諒設計アーキテクトラーニングとは? 「諒設計アーキテクトラーニング」は自宅で学ぶことのできる通信講座の一つで専属講師による回数無制限の学習サポートをウリとしています。 多数の大手ポータルサイトや本、雑誌への掲載、秋元康さん原作の映画にも本教材が使用されるなど、知名度も高いと言っていいのではないでしょうか? また、「諒設...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

世界のワイントレンド

一口にワインと言っても様々なタイプがあるのはご承知の通り。時代の時々にどのようなタイプが好まれるかは、食生活の変化、消費者の味覚の進化等々で変わってきます。 今までのワイントレンドの流れと、2010年台のトレンド予想をご紹介します。 人気ワイン生産地の変遷 1970年代まで、ワインと言えばフランスの飲み物、あとはイタリ...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

日本国内でのワインブーム、そして本格的な「日本ワイン」の登場

なんと第7次ワインブームと呼ばれる現在の日本。今まで何度か「ワインブーム」が起こってきた中で、日本人が飲んできたワインにどんな変化があったでしょうか。 簡単な「日本のワイン消費の歴史」、「日本でのワインブーム」、「日本で作られたワイン」についてご紹介していきます。 日本のワイン消費の歴史 さかのぼること明治初期、文明開...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

ワイン基礎用語

ワイン基本用語集 ワインを語る上でよく聞く基本用語です。 <あ行> アペラシオン・ドリジヌ・コントローレAppellation d’Origine Controlee 通常、AOCと呼ばれるこの用語は日本語で「原産地呼称統制」と訳され、その農作物や酪農品の品質が国に認められている場合に、その製品に対してAOCを名乗る認...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

フランスの漁師料理「ブイヤベース」

魚介とトマトのうま味がギュッと詰まった具だくさんのスープです。いろいろな魚介類を組み合わせるとより味が複雑になり美いしくなります。切り身の魚よりも骨付きのほうが出汁が出ておすすめです。 材料       4~5人分 ・鱈(切り身)         4切れ ・有頭エビ           4~5匹 ・あさり(殻つき)  ...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

ワインの「亜硫酸」は悪なのか?

自然派ワインの台頭に伴って、亜硫酸(酸化防止剤)を使用しないワインが 注目を集めるようになってきました。 でも、亜硫酸は本当に悪者なのでしょうか? 今日は、亜硫酸のメリット・デメリットをご紹介します。 世界中のワインのほとんどに使われている ワインの「悪玉添加物」としてやり玉にあげられることの多い亜硫酸ですが 世界中の...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

ブドウ収獲までの流れ

ワイン用のブドウは、収獲されるまで どのようなサイクルで生育しているのでしょうか。 今回は、北半球の例をとって、 そのサイクルを追ってみましょう。 冬(12月~2月):休眠、剪定 ブドウは落葉樹なので、晩秋から初春の間には 枯れ木の状態で眠っています。 この期間には、その前の春から秋にかけて生えた枝のうち 不要なものを...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

ワインの基礎!デキャンティングとは?ボルドーとは?

レストランでワインを頼むと ワインを一旦別の容器に移してから、グラスにサーブされることがあります。 この行為をデキャンティングと言い、移される容器はデキャンタと呼ばれます。 今日は、この「デキャンティング」の目的と方法について学びましょう。 空気と接触させるため 味の固い若いワイン、特に渋みの強いものは、 デキャンタに...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

ワインは「ブドウ」で決まる

ワインの品質の9割は、ブドウで決まると言われています。 つまり、優れたワインになるかどうかは、 優れたブドウかどうかで決まるということです。 今日は、そのワイン用の「ブドウ」について学んでみましょう。 三つ子の魂百まで。肝心なのは「ブドウ」 ワイン造りというと、華やかな醸造工程が注目されることが多いですが 本当に重要な...
デートで差がつく!スクール、通信教育でワイン通に。

テロワールとは

ワインを好きになって、少しずつワインを覚え始めると よく耳にするのが「テロワール」という言葉。 「テロワール」はフランス語特有の単語であり、 英語や日本語にも、「テロワール」とぴったりと合致する概念の単語は 見当たらないようです。 だからなんとなくぼやっとしており、難しく感じてしまう方も多いのでは。 今回は、そんな「テ...
Return Top