ワインソムリエ.net

ワインの種類ソムリエ試験検定や資格スクール通信教育通信講座の評判口コミ人気比較ランキングなど

ワイン・ソムリエ資格ランキング

ワインってちょっと遠い存在だと思っていませんか?値段も幅広いし、いろんな種類があるし、フランスだのスペインだの正直よくわからないという方が多いと思います。しかし今はワインの様々な効用にも注目が集まっており、料理に使われることも多いですよね。ワインを知ればお酒としての楽しみだけでなく、健康や食事につなげることもできるのです。この機会にワインの資格を考えてはいかがでしょう。人気のワイン資格ランキングをまとめました。

1位 ワインコンシェルジュ

ワインコンシェルジュは、日本安全食料料理協会が主催する認定試験を合格した者に与えられる資格です。ブドウの品種や国ごとに異なる特徴、各国のワイン事情などワインの基礎的な知識を有していることを証明することができます。飲食店や酒類販売業で働く方が持っておくとよいのはもちろん、趣味の一環としてもっとワインを楽しみたいという方にもおすすめの資格です。
 試験は2か月おきに行われ、申し込みから受験まですべて在宅にて完了することができます。

2位 ソムリエインストラクター

ワインを個人で楽しむだけではなく、ワインを提供して楽しんでもらう仕事をしたいと考えている人にお勧めしたいのが、ソムリエインストラクターという資格です。様々な品種、原産地、製造方法などのワインそのものの基本的知識だけでなく、仕入れ、保管、管理方法などの経営に関する知識も網羅する必要があります。また、ワインに合う料理に関する知識やお客さんとのコミュニケーション能力なども身に着けることができます。
 日本インストラクター協会が主催する認定試験は偶数月に行われます。インターネットから申し込み、在宅での受験が可能なので忙しい方でもマイペースに資格取得ができるでしょう。

3位 ワインエキスパート

社団法人日本ソムリエ協会が認定している資格がワインエキスパートです。ワインの基礎的な知識を有している者に与えられる資格ですが、この資格試験の合格率は3割と、比較的狭き門となっています。そのためしっかりとした勉強が必要となりますが、それだけ着実にワインの知識を深めることができるでしょう。
 試験は8月に一次試験、10月に二次試験があり、受験のチャンスは年に一度しかありません。そのため気軽に試験を受けてみたいという方には不向きであるかもしれません。

4位 ワインアドバイザー

「ワインを提供する仕事に就いてきたけど、そろそろ自分もしっかりとした資格を取って認められたい」という方におすすめなのが、日本ソムリエ協会が認定するワインアドバイザーという資格です。
 ワインの種類や飲み方など基本的な知識が試される点は他のワイン資格と同じですが、条件として一定期間以上の実務経験が必要となっています。そのため、ワイン愛好家としての一般の方は受験することができません。しかし、アルコールを扱う業界で働く方のスキルアップとしては最適といえるでしょう。

5位 ワインコーディネーター

全日本ソムリエ連盟が認定するワイン資格がワインアドバイザーです。この資格では基礎的な知識はもちろん必須となりますが、テイスティングなど基礎知識を応用した実技や接客などのサービスなど応用的なことも網羅する必要があります。試験も5段階に分けられていて、初心者が手始めに・・というのには向いていないかもしれません。
 ただ、受講スタイルが通信、会場、2日間集中コースなど自分のペースに合わせることができるのはこの資格を受けるにあたっての大きなメリットです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top